求人情報


 さらなるサービスの向上をはかるために生活支援員を増員します。
 福祉施設で障害のある方への支援に力を注いでみませんか。

ご連絡、お待ちしています!!


保育士
(現在募集はしておりません)
生活支援員
募集中
看護師
募集中
グループホーム世話人
募集中
事務員
募集中
相談員
(現在募集はしておりません)

 



 職員の声もご覧ください


 
 
職員の声(その2)

 2014年 9月17日
 
 

久喜けいわ
 

生活支援員 鷲見ひかり

 

 私は、障害者支援施設で、重度の知的障害者を担当する生活支援員として働いています。主な仕事は、生活全般の支援です。食事や排泄の介助、日中活動のサポート等の支援を行なっています。入所施設で、昼夜を問わず利用者と関わり、共に笑ったり悲しんだりと刺激のある毎日を送っています。
 初めは個性あふれる利用者とどのように接っしてよいか分からず怒らせたり、作業の誘導に応じてもらえずと、右往左往の日々でした。しかし利用者の笑顔と「ありがとう」の言葉に力をもらい、私自身が心を開き、利用者と本気で向き合い、徐々に信頼関係を築くことが出来ました。3年目の今でも、毎日が勉強です。悩むことも多いですが、職員同士で協力したり、利用者から学んだりと、やりがいを感じる場面がたくさんあります。
 私の職場は若い職員が多く、笑顔の絶えない施設です。福祉に関わっていた方もそうでない方も、多くの人に福祉の仕事に携わってもらいたいと願っています。興味のある方、ぜひ一緒に働きましょう!


 
職員の声(その1)

 2014年 9月12日
 
 

久喜市あゆみの郷
 
職業指導員 山崎智恵美

 

 現在、障害を持った人の日中活動のサービスを提供する施設で職業指導員として仕事をしています。「働きたい」という希望を持った人の支援をさせてもらうのが主な役割です。
 私は、学生時代は保育士を目指していましたが、障害者施設での実習やボランティア活動をしながら障害のある人との関わりの中で、その人の「人となり」に触れ、少しでも応援出来たらと感じるようになりました。また、そこで働くスタッフの言葉や想い、姿勢に魅力を感じ、現在の仕事についています。
 障害を持っている人、一人ひとりが障害の特性や生活環境が違います。だから、必要とする支援も違ってきます。私ひとりの力では、解決できない問題がたくさんあります。そういう時は、他の職員の力を借りながら、少しでも解決に近づけるように皆で力を合わせる瞬間は、本当に「この仕事を選んでよかったなぁ」と思える瞬間でもあります。福祉課や入所施設、支援センターなどの他の福祉の力を活かし、利用者とその家族が安心して生活できる状況をつくりあげる支援に携わったことがありました。障害を持った人が地域で生活していくことは簡単ではないことを改めて実感した一方で、こういった支援の体制を作り上げていく力強さに感動しました。そして、私たちが支援した人が、今、楽しそうに施設に通ってくる姿を見ていると嬉しくなってきます。
 そんな感動がいっぱいの福祉の仕事は、人が人を支え合うやりがいある仕事です。是非、一緒に働いてみませんか!


 

啓和会へのメール